FC2ブログ
たまには本でも読んでみようか
本とDVDのおすすめブログです。
プロフィール

るう37才

  • Author:るう37才
  • 東京ダイアリー4度目?
    くらいの復活です。
    アダルトブログの使い古しなので、
    あまり過去にさかのぼると、単なる
    アダルトブログになるので注意です(笑)



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



最近のコメント



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


rouのお宝的人生03年8月16日発行第146号
そんなわけで、あるお上品な女性と
お上品なお店で食事をしていると
『すいません、ワタシ口下手で。』
などとぬかすので、
『ああ、フェラチオが下手くそなんですね?』
と素朴な質問をしたところ、
ウエイターにワインをぶっかけられた
みたいな日々をお過ごしでしょうか?
ボクはふつーです。


そんなわけでぶっかけが流行っているのだ。
ワインはぶっかけられるし、うどんも、ぶっかけうどんが
他のメニューに比べて約3.5倍の売り上げを
出しているらしいし?? ビデオでも、タイトルに
ぶっかけという言葉がついていれば、飛ぶように
レンタルされていくらしい。もちろんウソだが。。。


というわけで、我々は都内のぶっかけ専門の風俗店を
探してみたのだが、なかなか見つからない。
グーグルで調べてみても、香川県のぶっかけうどんの
専門店くらいしか出てこないのだから仕方がない。

仕方がないので、ここは風俗の大先輩である
Sさんを頼ることにした。Sさんというのは、
ちょっとマゾで危険な人物だ。
Sさんは以前、ある大手商社に勤めていたが、
マゾが原因で仕事を辞めてしまった。
例えばこうだ。

Sさんが新人の頃、ある企画書を上司に出そうとした時
先輩の美しい女性に怒られた。
「ダメ、佐川君。まだその書類はハンコが揃ってないでしょ!!」
その時、Sさんには甘美な快感が体中を駆けめぐったらしい。
そして、Sさんの耳にはこうも聞こえたらしい。
「ダメ、佐川君。シャワーを浴びてからにして!!」
それ以来、Sさんはその美しい先輩に怒られることが
止められなくなってしまったらしい。
そしてそのうちSさんには、こうも思えてきたらしい。
「もしかしてこのオンナ、オレに気があるんじゃないか?」
客観的に見ると、単に怒られているだけなのだが。。。。

そういうわけだから、もちろん仕事は失敗の連続で、
意を決して、告白したその先輩にも見向きもされず職場を去った。
そんなSさんが教えてくれた店。
「巣鴨201CLUB」
http://www.201club.net/※既に閉店(06年09月03現在)

大林さん(るうのこと)、そんなぶっかけるとか
ぶっかけないとか、そんなところにMの本質はありません。
と、Sさんは難しい顔をして言った。
オレは変態のクセに、と思いながら神妙な顔をして頷いた。
Sさんは2人分、慣れた様子で予約の電話を入れてくれた。

とりあえず2人は歌舞伎町からタクシーを拾い、
巣鴨へ行った。風俗に行くときは、生活を
感じてはいけません、電車なんか乗ると、普段の生活に
戻ってしまうでしょ?帰りはともかく、行くときは
タクシーで行くべきです、というSさんの助言に従ったわけだが。。。


つづく。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:M女濡れ恋物語 - ジャンル:アダルト


rouのお宝的人生02年8月22日発行第137号
そんなわけで、部屋の外をふと見てみると、
向かいのアパートでブラジャーを干している
女性と目が合ってしまい、なんとなく気まずかった、
みたいな日々をお過ごしでしょうか?
ボクはふつーです。


そんなわけで勝手に夏休みを頂いておりましたが、
みなさんは、相変わらずエロビデオだけが唯一の
恋人であり友人であり、娼婦である、みたいな
感じなのでしょうか?
ボクの方はというと、夢精にハマッております。
もちろんウソですが。


えー、このクソ暑いさなか、ようやくと
高校野球も終わったようですが、
そのすぐ後に、今年もオナニー選手権が
行われるらしい。去年はビンラディンでヌクと
100点だったんだが、今年は、世相が反映され、
田中真紀子でヌクと70点、鈴木宗男でヌクと80点、
トルシエ監督でヌクと90点、そしてサッカーの王様
ペレで抜くと100点なんだそうだ。
出場したいヒトは、例によって銀行の窓口あたりで
聞いてください。それで警備員なんかが飛び出して
きても、絶対に責任は取らないが。。。。

ところで、3週も開けると、何を書いていいのか
分からなくなる。前回、確かヘンタイのハヤシくん
というおトコのコのことをチラッと書いたと思うんだが、
それもなんだか色褪せてしまった。
どんなに理屈を付けてもヘンタイはヘンタイなのであって、
難しい顔してもダメなのだ。

なんだ、今日はもう書くことがないじゃないか。。。。。



うーん、どうしようか。
最近、セックスをしていないのだよ。
正直にいって、風俗のすべてに飽きたし、
といって、素人もなあ、もうひとつ燃えるものもない。
夏ならではの、野外手コキも結局あんまりやってない。

今日はボクの将来のユメについて語ろうか。
実は最近いろいろあって、ゴタゴタもあったし、
それで、実は忙しい日々を過ごしていたのだ。
それで、皆さんにもお知らせしなければならないことがある。

今日はその一部をみなさんにもお知らせします。
まずボクですが、有限会社チンポ、というの作る予定。
何をする会社かというと、アフリカの部族あたりから
チンポケースを大量に買い付け→日本初上陸→テレビショッピングで
大々的に宣伝、もちろんモデルは羽賀研二あたりの薄汚れた
イメージのタレントとかがいいだろう。→大ヒット→億万長者。
そしてその部族の村長さんから、国民栄誉賞として特製チンポケースを
作ってもらい、その銅像が渋谷あたりに立ち、ハチ公口の次に
有名な、チンポケース口というのが駅にできる。
というのがボクのビジネスプランなわけだが、
なかなか出資してくれるヒトがいない。

ということで、その資金を手堅く稼ぐために、
手堅い仕事をしようと思う。29才だし、そろそろ堅実な職業だ。
銀行員かパイロットあたりがいいかな、と思っている。
しかし、フロム・エーを毎週買ってみても、
パイロット募集の仕事は載っていない。
なんなんだいったい。
明日あたりからは、スポーツ新聞の
求人広告も見ることにしよう。

とりあえず、ボクのビジネスプランとパイロットになるユメは、
まだ叶っていないのであった。

つづく、、、、かも。





テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


rouのお宝的人生01年11月10日発行第116号
そんなわけで、仲の良いオンナが居酒屋で
「ほっけ、ほっけ」と、しつこく注文するので、
「コノヤロー、仮性包茎をなめるんじゃねえ!」
と怒鳴ったところ、店中のヒトにこっちを見られて
カッコ悪かった、みたいな日々をお過ごしでしょうか?
ボクはふつーです。


とまあ、そんなようなわけで、ここ最近、
配信されたり、されなかったりでしたが、
これからは、また週に1回配信できそうですので、
宜しくお願いしますです。。。

そんなわけで、復活記念に今日は
のぞき部屋」の話しでもしときましょう。
キミたちは覗いたことあるかい??

いままでの覗きと言えば、警備員をやっているときに、
秘密の通路から女子風呂を覗いてたとか、そういう
リアルな覗きしかしたことなかったのだが、
今回、初めて”プレイ”の覗きをしてみたわけだ。

しかも2000円。えらい安いじゃないか。。。。
風俗にも価格破壊の波が押し寄せてきているのか、
それともオンナのレベル破壊が押し寄せてきているのか、
それとも、入場料金2000円で、その後に恐いお兄さんが
出てきてえらいことボッタくられるのか、不安ではあったが、
そういう身の危険を感じる不安は嫌いではない。。。

そんな不安をよそに、待ち合い室にはすでに先客がひとりいた。
アダルトビデオを食い入るように見てる、、、恐い。。。
一応、開演時間があるみたいで、、、といっても10分おきなんだが。。。。

で、しばらく経って個室に通された。
恐ろしく狭い部屋には、イスがひとつとティッシュペーパーひと箱。
それから、女性におひねりを渡す小窓がひとつ。
ストイックなまでのシンプルさ。
この部屋で一体どうしろと。。。

その小窓から1000円渡すと、上半身のタッチが。
2000円渡すと、プラス下半身のタッチが。
3000円渡すと、、、もう覚えていない。。。
友達の声が聞こえてくる。
「おい、やっぱ帰ろうぜー。」
「なんだ、もうイッのか?」
「アホか!!」
無理矢理に付き合わせたんだが、ちょっと怒ってたな。。。

覗き部屋はマジックミラーになってて、外からは
見えないようになってた。とにもかくにもイスに座ると、
確かに帰りたくなった。。。

部屋のなかは、オンナの子の部屋、みたいになってた。
というか、そういう設定のつもりなんだろう。
よく分からんが。。。。

ところがブザーがなって飛び出してきたオンナは、
案外きれいだった。

つづく。

rouのお宝的人生03年6月30日発行第145号
そんなわけで、夜中の2時に
「いまからオナニーするんだけど、ネタは何がいいかなあ?」
とオンナ友達にTELしたところ、
「サイテー、死ねば。」とあっさりとTELを切られてしまった、
みたいな日々をお過ごしでしょうか?
ボクはふつーです。


あんまりにも長くお宝のメルマガを出さないもんだから、
るうはインポになってしまっただとか、
包茎手術が失敗して死んでしまったんじゃないかだとか、
ひどいウワサが一部では流れていたようですが、
ボクはビンビンですし、仮性包茎のままです。。。。


ところでみなさん、今度、「東京風俗walker」という、
メルマガを作ったのでぜひ読んでみてください。
アドレスはここです。
http://www.roucafe.com/gate/backnumber/d3fn.html


るうが数年間に渡って風俗店に大金をつぎこんできた
集大成とも言えるメルマガです。どんなお店を紹介するかと
いうと、長年に渡り東京でいちばんのレベルの低さを
キープしているお店とか、性病をうつされた店とか、
ジャニーズも来店したというお店とか、そんなお店も
たまには紹介するかもしれません。が、紹介しないかもしれません。。。。
下手すると新宿とか歩けなくなりそうで怖くもあります。。。。


というわけで、プライベートで使う風俗とは別に、
メルマガの紹介用の風俗店を発掘するべく、都内の
風俗店を歩き回っておりました。

最近では、一通りの風俗には飽きてしまい、
マニアックな風俗ばかり探しては失敗するという
悪循環を繰り返していたわけだが、「東京風俗walker」に
掲載するお店は、やはり初心者にも気軽に行きやすい
普通のヘルスがいいだろう。

というわけで、いつもの新宿は止めて、
池袋か渋谷で探すことにした。
池袋には、面白い名前の風俗がたくさんある。
「ヌケふくろう」だとか、「3年B組ちん発せんせい」だとか、
「突撃!となりの若奥様」だとか、わけのわからない店名が
ずらりと並ぶ。「3年B組ちん発せんせい」はぜひとも
行ってみたいと思わせるネーミングだが、「となりの若奥様」
なんかに突撃したくもねえ、とか思いながら、
なぜか「覗き部屋」にうっかりと入店してしまった。。。。

覗き部屋といえば、新宿にあるコマ劇前の覗き部屋が有名で、
同じようなものをイメージしていたわけだが、出てきたのは
ただのオバさんだった。。。。コノヤローなんでオレがオバさん
なんかを覗かなきゃいけねえんだと、ややイラついていたところ、
オプションでフェラしてくれるオンナはエラく美人だった。

入場金は2000円と安いのだが、覗き部屋に出演するのはオバさん。
オプションのフェラチオは3000円とかするから、そっちでもお金を取るために、
オプションのサービスの方には美人をセッティングしているんだろう。
コノヤロー、気持ち良いじゃないか。。。。

IT業界では、プログラマーのことを、IT業界の肉体労働と
呼んでいるそうだが、風俗業界でも、フェラで抜く職業は
風俗業界の肉体労働と呼ばれているらしい。

それでいうと、まさにフェラチオの職人、現代の必殺仕事人と
言えるだろう、いや、この場合は必殺シゴキ人というべきか。。。


とまあそんな風にして、急きょ我々は、東京風俗研究会なる
グループを結成したのであった。
来週から、東京風俗レポートを18回に渡って掲載していきます。
そんじゃまたー!!

テーマ:Hな話とHな写真 - ジャンル:アダルト


rouのお宝的人生02年5月13日発行 第130号
※今日は忙しいので、「東京ダイアリー」はお休みです。
すでに最終回を迎えたメルマガ「rouのお宝的人生」を
掲載します。02年5月13日に発行したものなので、
いまの時代とはズレている可能性もあります。



そんなわけで、酔っ払っていたときは可愛く見えたのに、
部屋に持ち帰るとえらいブサイくさんで、バックでしか
できなかった、みたいな日々をお過ごしでしょうか?
ボクはふつーです。

もうそろそろ夏ですね。
夏といえば野外セックスなんだが、
それにもまして夏といえばマットプレイですよね?
ウワサによるとオンナにそうめんを口に入れさせて
フェラチオをさせると気持ちいいらしんだが、
その時は、ショウガやネギも入れなきゃいけないんだろうか
と悩んでいるわけだ。

まあ、そんなことはどうでもいい。。。。

とにかく夏の楽しみであるマットプレイはいまだに健在なのか?
と、心配になった友達から「偵察にいこう」という
TELが入ってきたので、とりあえずいってみることにした。
しかし、よりによってこのゴールデンウイーク真っ最中に、
マットプレイにいくオレ達はもしかするとヘンタイなのでは
ないだろうか? と心配になったんだが、その時はすでにオレの
右手には風俗雑誌が3冊ほどしっかり握られていた。。。。

渋谷は乗り換えがめんどくさいし、池袋は品がないし、
西川口は遠いし、五反田はオバちゃんが多いし、というわけで、
例によって例のごとく新宿しかないわけだが、新宿となると
ヌルヌルクリニックか、マットマックスしかないわけだ。
ココロがトキメかない。。。

と、沈んだ気分になった時に、ふと思い付いてしまった。
我々には手コキ風俗があるではないか。。。。
このゴールデンウイークの真っ最中に、3000円の手コキ
風俗で働くのはどんなオンナなんだろう、見てみたい。。。。

そんなわけで、嫌がる友達を引っ張って、なんとか手コキ風俗屋さんに
辿り着いた。いやあ、どんなオンナを拝むことができるのだろうか、
いつもより緊張して待っていたわけだが、いつもと変わらなかった。。。

「キミにはガッカリしたよ」と出てきたオンナにココロのなかで
呟いてみても事態が好転するわけでもない。
オレのバットはまるでしめじやえのき茸のように小さく恐縮していた。
オンナの手も、まるでゴールデンウイークボケしている。
オマエの手は連休中か!

などとココロのなかで罵っても事態が好転するわけでは、もちろんない。
このままではイカン。このままではイカンぞ。
このまま終わってしまっては、オレ様のゴールデンウイークさえも
しめじやえのき茸のようになってしまうだろう。
オンナの手はますますヤル気がない。
オマエの手は5月病か!

などとココロのなかで罵っても事態が好転するわけでは、断じてない。
そんなわけで2件目。
突然、友達がテレクラに行こうぜ!
などと訳の分からないことを言いはじめる。
ああ、止めてくれ、オレのゴールデンウイークが。。。。

しかしその時点でふたりともけっこう酔っ払っていたので、
じゃあ、ちょっとだけ、ということで店内に入ってみたわけだが、
ぜんぜん電話が鳴らない。。。。
友達が、「マンコ!マンコ!」と叫ぶ声が聞こえてくる。。。。

そんなわけで3件目。
店を変える度に酒を飲んでいたオレ達は相当酔っ払って、
半分はどうでも良くなっていたし、それでももう半分は、
ヌカなければ中途半端なままで気持ち悪い、という気持ちもあった。

そんな時に、ナイスなタイミングで携帯にTELがかかってきたのであった。

つづく。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。