FC2ブログ
たまには本でも読んでみようか
本とDVDのおすすめブログです。
プロフィール

るう37才

  • Author:るう37才
  • 東京ダイアリー4度目?
    くらいの復活です。
    アダルトブログの使い古しなので、
    あまり過去にさかのぼると、単なる
    アダルトブログになるので注意です(笑)



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



最近のコメント



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浜離宮
浜離宮1



前々から行ってみたかった浜離宮
最近、庭園だとかそういうのに興味が。
田舎育ちだから、荒れ放題の自然には
接してきたけど、こういう人工的な自然っていうのは、
またちょっと違う。


浜離宮2



何枚か写真を撮ったんだけど、
ビックリするくらい、良くない写真ばかり。。。



とりあえず、Wikipediaからの引用です。
浜離宮の歴史



江戸幕府が開かれて暫くは将軍家の鷹狩の場であったが、
承応3年(1654年)に甲府藩主の松平綱重がこの地を拝領し、埋め立てて別邸を立てた。
その後は甲府藩の下屋敷として使用された。このため甲府浜屋敷、
海手屋敷と呼ばれるようになった。綱重の子である徳川家宣が6代将軍になると、
将軍家の別邸とされ浜御殿と改称して大幅な改修が行われ、
茶園、火薬所、庭園が整備された。

幕末、外国人接待所として石造洋館である延遼館(幕府海軍伝習屯所)が建設された。
延遼館は、明治維新後も鹿鳴館が完成するまでは迎賓館として使用された。

明治維新後、宮内省の管轄となり名前も浜離宮と改められた。
明治天皇も度々訪れ、明治12年(1879年)には、当時のドイツ皇太子フリードリヒや
前アメリカ大統領であったユリシーズ・S・グラントが日本を訪問した際、
ここで明治天皇との謁見が行われた。延遼館は、1889年に取り壊される。

昭和20年(1945年)11月3日、GHQの要求により東京都に下賜され、
昭和27年(1952年)旧浜離宮庭園として特別史跡・特別名勝に指定される。

2000年に入り、旧汐留貨物ターミナルが再開発され汐留の高層ビル群が林立し、
景観は著しく変わってしまった。しかし「都市的風景」として評価する向きもある。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://adultdvdnosusume.blog8.fc2.com/tb.php/276-d6a28bca



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。