FC2ブログ
たまには本でも読んでみようか
本とDVDのおすすめブログです。
プロフィール

るう37才

  • Author:るう37才
  • 東京ダイアリー4度目?
    くらいの復活です。
    アダルトブログの使い古しなので、
    あまり過去にさかのぼると、単なる
    アダルトブログになるので注意です(笑)



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



最近のコメント



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


主審告白 家本政明
主審告白 家本政明

内容紹介
「嫌われた審判」から聖地での輝かしい舞台へ。
“あの”主審・家本が、すべてを包み隠さず告白。


「もう辞めるつもりだったんです、正直なところ。
もういいって、サッカー界にいたくないって」(本文より)

2008年3月に家本が主審を務めた広島と鹿島の試合。
退場者3名、警告11枚、PKでのやり直しが2回、
という荒れ模様を呈した試合での審判に、
敗北を喫した鹿島の選手たちは審判団に激しく詰め寄り、
サポーター数十名もピッチに乱入するなど、場内は大混乱となった。

同試合での問題を受け、家本は無期限の割り当て停止処分となり、
Jリーグの試合で笛を吹けない立場に追い込まれる。
2006年にも「スペシャルレフェリー」という地位ながら、
審判委員会から「一貫性を欠く」と判断され、
1カ月の研修措置を受けたことがある家本。

当時の記事のタイトルに「嫌われた審判」とまで書かれた彼が、
その後2008年7月にようやくJリーグの審判として復帰し、
2010年5月にはサッカーの聖地ウェンブリーで歴史的な試合を裁いた。

ファンからもメディアからも関係者からも疎まれる存在だった彼が、
輝かしい舞台に復帰するまでのすべてを、赤裸々に語る。


国際レベルでは高い評価を受け、
日本では逆境に身を置く嫌われ者
レフェリー家本政明の真実



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://adultdvdnosusume.blog8.fc2.com/tb.php/787-292a5860

家本政明主審

【送料無料選択可!】主審告白 (単行本・ムック) / 家本 政明 著 岡田 康宏 構成..... 【送料無料】主審告白..... 【清水×山形】 家本政明レフェリーの3つのPK ‎2011年6月16日‎ J1の第15節。清水エスパルスとモンテデ 生命の意味論【2011/06/19 07:15】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。